作り方

 ここでは、基本的な作り方を紹介します。これを参考に、いろいろ工夫してみてください。「その他」や「作品紹介」のページも参考になると思います。

 

 

(1)くつの内側になるアイロンフェルト布(紺色)を、型紙Aに合わせて切り出し、くつの外側になるハードフェルト布(水色)にアイロンで貼りつけます。②③ハードフェルト布を、くつの形に沿って切り出します。

 

 

(2)④アイロンフェルトからロゴ(紺色)を切り抜いて、くつの外側のハードフェルト(水色)にアイロンで貼り付けます。⑤ポンチで靴ひもを通す穴を開けます。⑥靴のベロになるフェルト(紺色)を、型紙Bに合わせて切り出し、ハードフェルトの下側に縫いつけます。

 

ロゴは、アイロンフェルトの裏側に図を描いてから、先のとがった手芸用のはさみで切り出します。アシックスのロゴの中央部分は、半分に折り曲げて切れ目を入れてから、穴を広げるように形を整えていきます。

 

(3)⑦くつ底になるアイロンフェルト(紺色)を、型紙Cに合わせて切り出し、2mm厚の白いフェルトにアイロンで貼りつけます。⑧くつ底の形に沿って切り出します。⑨かかとの方の半分に、さらに白いフェルトを重ねて貼り合わせます(かかとに厚みを持たせるため)。

 

 

(4)⑩つま先の部分からかかとの方へ、くつ底が次第に厚くなるよう、くつの右側から縫い合わせていきます。⑪靴と似た色の糸で、縫い目(刺しゅう糸)が目立たないよう外側の布とくつ底の布の間に針を通していきます。(下の写真)⑫右側をつま先からかかとまで縫った後、左側も同じように縫っていきます。

 

糸の刺し方ですが、基本的には①靴底からアッパー(水色)へ、②アッパーと靴底(白)の間から靴底へ、③靴底からアッパーへ、の繰り返しです。つま先の縫いはじめとかかとの縫い終わり部分は、目立たないよう靴の中でとめます。靴底の糸は、最後に黒のマジックで塗ると目立たなくなります。

 




(5)⑬かかとの真ん中で余った部分を切りそろえて、縫い合わせます(型紙Aは少し長めになっています)。⑭かかとの部分に、リングを取りつける輪(型紙D)を縫いつけます。

 

 

 

(6)⑮くつの中に羊毛フェルトを少しずつ押し込むように入れていきます。⑯くつひもを穴に通していきます。くつの形を整えてから靴ひもを結びます。かかとの輪に2重リングをつけて完成です。