その他

・ナイキのズームスーパーフライエリート(陸上短距離用スパイク)をモデルにしてマスコットを作ってみました。

①アイロンフェルト布を、型紙Aに合わせて切り出します。

②③左右8ヶ所の凸の部分に、2cm位のアイロンフェルトを足して、長くします。見えない部分なので適当に足すだけで大丈夫です。

 

④足した部分を丸めて、つまようじなどで輪にして裏側に固定します。

⑤型紙Bのアイロンフェルトを裏側に貼り合わせます。

⑥表側にロゴを貼り、ポンチで穴を開け、型紙Cの靴ベロを固定します。

②から⑥までの貼り合わせ(固定)は、細かい作業になりますが、全てアイロンで行います。

 

このスパイクシューズの型紙のダウンロードは、こちらから↓

 

 



・アディダスのサッカーシューズのマスコットを作ってみました(エックス18.2ジャパンHG/AG)。このシューズは、靴ベロの部分がないので、靴ひもを先に通してから、靴底と縫い合わせます。

 

 

 

 

 このサッカーシューズの型紙のダウンロードは、こちらから↓






・ハイカットのバスケットシューズのマスコットを作ってみました。型紙AとBを変えました。型紙CとDはそのままです。

 

 

 

 

 バスケットシューズの型紙のダウンロードは、こちらから↓


 

・アシックスのCYBERBLADE(スケルトンタイプの短距離用スパイク)をモデルにしてマスコットを作ってみました。





 





 


  CYBERBLADEの型紙のダウンロードは、こちらから↓



 

・ミズノのクロノインクス(スケルトンタイプの短距離用スパイク)をモデルにしてマスコットを作ってみました。





 





 


  クロノインクスの型紙のダウンロードは、こちらから↓



 


・ナイキのエアズームポメロ12をモデルにしてマスコットを作ってみました。このモデルは、くつひもの穴がないつくりなので、多少の応用が必要でした。










 














・作ったマスコットの写真を撮る場合、「撮影ボックス」を使用すると、影が消えてきれいに撮ることができます。

・100円ショップやホームセンターなどで、半透明の「プラダン(プラスチックダンボール)」を購入し(500円くらい)、セロテープで箱状に貼り合わせてから、白いボール紙を曲線状に敷けば完成です。

・インターネットで、「撮影ボックス」をキーワードに検索すれば、詳しい作り方や撮影のポイントなどがわかります。

・さらに、撮影した写真をフォトレタッチソフトで明るく加工(編集)すると、より鮮明な写真になります。